wordpress WordPressプラグイン関連

【WordPress】ブログで執筆依頼(企業案件)が来たときに下書き(ラフ)を提出するときに便利なプラグイン「Public Post Preview」の使い方

みなさんおはこんばんちは(@ReinyaNchannel)です

タイトルがクッソ長いですね。ごめんなさい

今回は、多分執筆依頼をされたそこブロガーさん!まさにこの記事を探していたと思います。筆者も最近執筆依頼があるので急遽この記事を書きました

ブロガーで執筆依頼等(企業案件)が発生した場合に、下書き(ラフ)の提出はどのようにしていますか?

ReinyaN
ぶっちゃけ、最初の頃はスクショで送っていましたwwwまじで恥ずかしい限り

下書きを提出する際に

  • プレビュー画面のPDF
  • スクショ

がだいたい挙げられますが、正直文字数2000文字以上になるとスクショの場合は見ている方もダルいと思います

PDFで提出しても、加工画像や文字入れ画像など表示されないときがあります

 

ブログ活動しているブロガーで

執筆案件(企業案件)来た際に下書きの提出するとき、

どうしたらいいんだろう?

という風になったことはある人はいると思います

こんな感じでしょうか

 

では、上記の問題を簡単に解決してくれるWordPressプラグイン

ReinyaN
Public Post Previewというプラグインを紹介していくぞ!

とても簡単なので、執筆依頼来たときに必ずと言っていいほど必需品になるのでインストールをオススメします

 

この記事はこんな方におすすめ

  • 記事の下書きを他人に提出するとき
  • 企業案件が来てラフを提出するとき

 

 

 

Public Post Previewをインストール

とても簡単です

 

step
1

  1. プラグイン
  2. 新規追加

 

step
2
Public Post Previewをインストール

インストールしたら有効にすればOK

 

 

Public Post Previewのメリット・デメリット

Public Post Previewのメリット・デメリットを書いていきます

メリット

  • 簡単に導入できる
  • 設定いらず

 

デメリット

  • デフォルトではURL公開時間48時間(見せる側のみ)
    ※function.phpで設定可能(ここでは説明割愛)
  • WordPressに負担をかける(プラグインを導入するため)※微々たるものだろうけど。

 

 

下書きの公開URLの設定のやり方

簡単のなので数クリックで出来ます

 

これだけで良いです

下書きが出来たら、企業の方にURLを教えてあげます

 

しかし、ここで注意ポイントがあります

注意ポイント

一度、下書き保存をしないとダメなので、必ず下書き保存をすることが重要

これぐらいの注意なので、下書きをしたら注意すること

 

 

まとめ

これで企業の方に下書きを提出できるので、Public Post Previewを入れておいて損はありません

むしろあったほうが

ReinyaN
執筆依頼、企業案が突如来たときに対処できるため

筆者みたいにスクショやPDFの提出はやめたほうが良いです。後悔するハメになるかもしれません

しかし、やり方は自由ですが

Public Post Previewは入れておいて損はないぞ!!!

 

サイト管理者のプロフィール

ReinyaN

Mixerで活動してる配信者&オフィシャルパートナーを勤めています「ReinyaN」です ゲーム配信を主に流しています

関連記事とスポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ReinyaN

Mixerで活動してる配信者&オフィシャルパートナーを勤めています「ReinyaN」です ゲーム配信を主に流しています

-wordpress, WordPressプラグイン関連
-, , , , , , , ,

Copyright© AkaMaruServer , 2021 All Rights Reserved.