Xsplitハウツー youtube

【Xsplit】YouTubeLiveプラグインを使わずに「カスタムRTMP」で配信すべき理由

みなさんおはこんばんちは(@ReinyaNchannel)です

Xsplitを使ってYouTubeへ配信するとき、皆さんはどのようにして配信してますか?(Restream等のマルチプラットフォーム向けは無しで)

以下2つの方法

  • Xsplit純正「YouTubeLive」プラグイン
  • カスタムRTMP

で配信しているかと思います

 

前回の記事【Xsplit】YouTubeLiveへ配信出来ないときの対処法(不具合時)では不具合時の対処法を挙げました

未だにプラグインを使って不具合等が発生するみたいです

このような感じのツイートがあります(スレッドで筆者の記事リンクで発見しました)

結論から言うと素直に「カスタムRTMP」で配信したほうが精神衛生上楽になります

ReinyaN
筆者は幾度となく経験しているため

では、簡潔ではありますが、本題に入っていきます

 

 

カスタムRTMPで配信する理由

 

XsplitでYouTubeプラグインを使って配信する場合

ログイン認証

をして、Xsplit経由で配信します。その時にAPI制限の関係も絡んできます

人物A
ここではAPIについては書きません

APIの制限にかかってしまうとXsplitのYouTubeプラグインからでは配信出来ません

 

プラグインの不具合で配信出来ない場合

アンインストールをしても配信出来ない場合は素直に「カスタムRTMP」で配信した方が良いです

カスタムRTMPで配信する場合は「YouTube Studio」で一度設定しないといけませんが、一度設定してしまえば楽なので、筆者はカスタムRTMPをオススメします

 

たしかにめんどくさいですが

ReinyaN
また配信出来ないぞ!どうなってんの!

といった、イライラするのであればカスタムRTMPで配信した方が、まじで精神衛生上楽です

ポイント

カスタムRTMPで配信する場合は、APIの制限はかかることはないので、YouTubeへ直で配信するため楽です

 

しかし、YouTubeプラグインのメリットといえば

ブラウザを開かずにタイトル編集ができるのが良い

と思うので、楽ですよね

 

筆者も前まではYouTubeプラグイン経由で配信していましたが、正直XsplitのYouTubeプラグインはあてにならないので、カスタムRTMPで配信しています

 

カスタムRTMPで配信してから、一度も不具合無しで配信出来ています

それだけカスタムRTMPは信頼感抜群なのです

 

Xsplitを使って、YouTubeへ配信する配信者は一度騙されたと思って、カスタムRTMPで配信してみてください

YouTubeプラグインを使って配信出来ずイライラするのと、カスタムRTMPで配信する場合は、後者のカスタムRTMPのほうが楽だと思います

 

 

まとめ

こんな感じで、YouTubeプラグインを使わずにカスタムRTMPで配信する方が精神衛生上楽だということを紹介しました

配信者の環境は各々違いますが、一つの判断材料として参考してもらえたら嬉しいです

 

筆者も

YouTubeプラグインで散々苦しめられてきましたから!

 

サイト管理者のプロフィール

ReinyaN

Mixerで活動してる配信者&オフィシャルパートナーを勤めています「ReinyaN」です ゲーム配信を主に流しています

関連記事とスポンサーリンク

-Xsplitハウツー, youtube
-, , , , ,

Copyright© AkaMaruServer , 2021 All Rights Reserved.